プロフィール

hoikuen

Author:hoikuen
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアジェの「同化」と「調整」 保育園

幼児は誰に教わることもなく母親のかたりかけを聞き言葉を認識し、やがて日本語をしゃべるようになる。幼稚園に入園をすると他の園児と自分を常に比較し、足並みを揃えようとしたり、同じものを所持しようとする。自分の家族を認識し、他の園児の両親を認識し、兄弟関係を認識し、自分に名前があることや他の園児にも名前があり、各々が違う存在であることを認識する。そして、「なぜ自分は兄弟がいない?」「なぜ自分はマンションにすみ、一戸建ての家に住む人がいるのか」自分は何人家族で、友人達は何人家族であるかに興味も持ち、自分は男であること、女である事を認識していく。

ピアジェの思想の根本には、生物はみな発達する傾向をもち、環境の影響によって必要と不要になる器官は発達・退化し、その変化が遺伝とともに進化の要因をつくると説いた。人間は、外 界の事物を認知してそれに適応してゆく能力を発達させる。それは感覚器官により知覚する段階から、事物の現象をもとに認知する段階、事物と自己との関係を もとにして認知する段階、そして事物が存在しなくても想像力によって認知する段階へと到達してゆく。

幼児に2つの粘土のかたまりを見せ、量が同じであることを確認する。その後、一方の粘土を幼児の見ている前で細長く変形して、どちらの粘土が多いかを尋ねる。するとしばしばいずれか一方が 量が多いと答える。

ピ アジェは人間の認識の枠組みをシェマと呼んだ。外界からの刺激はその枠組みに合わせて認識される(同化)。しかしそのシェマを変化させないと認識できない刺激に対したときはシェマを変化させる(調節)。ピアジェは幼児では同化と調節を繰り返しながら安定した外界の認識を次の段階のさらに安定した認識に発達 させる(均衡化)と考えた。

保存課題に失敗する幼児は、象徴的で直感的な思考を行う段階(前操作期)におり、ついで具体的な対象に対しては論理的に思考できる段階(具体的操作期)に進むとされた。ピアジェはこのように、人間の認識を段階的に発達するものととらえた。出生直後の自己と他者が未分化な状態(感覚運動期)から出発し、前操作期・具体的操作期を経て、抽象的な対象に対しても論理的な思考ができる段階(形式的操作期)に達するとされたのである。(道又他,2003)

 ピアジェは、認知発達は、感覚運動期(0~1歳半)、前操作期(2~6、7歳)具体的操作期(7~11歳)形式的操作期(11、12歳 以降)という順序の発達段階をたどると考えた。各段階を特徴づけている心的構造(思考の様式)は、相互に質的に異なっているだけでなく、種種の内容を超えて適用される領域一般的な性質を持ったものである、と考えられてきた。したがって、たとえば前操作期にいる幼児は、具体的操作期や形式的操作期にいる子どもや大人とちがって、数、量、分類、その他どの内容にたいしても、見かけにとらわれ本質を把握できないことが多いとされた。言い換えれば、ここでは子ども と大人は、知的に根本的に異なる存在とみなされていたのである。(波多野,1996)

(1) 感覚運動的段階(0~2歳)(sensor motor period)

おもちゃの奪い合いやお友達との衝突などにみられるように 感覚運動期は、自己と物、自己と他者が未分化な唯我論的心性から出発し、自分自身が対象物のひとつであって物理法則に従うものとして位置づけられるようになるまでの段階といえる。言語による表象的思考に先立って、手で物を扱ったり、自分の身体の位置を移動させることなどによる、感覚運動知能の発達が認 められる時期である、

(2) 前操作的段階(2~7歳)(preoperational period)

    感覚運動期とは異なり、心像や言語などによる表象的思考が可能になっているが、可逆性をもった操作的思考には至っていない。すなわち、思考は非可逆的であり、視点の変換ができないという特徴をもつとされる。

(2) 具体的操作(7~15歳)(concrete-operational period)

この頃になると子供にうそは通用しなくなる。作り話ですんでいた質疑応答も、子供が納得する内容でなければ「うそでしょう。だって・・」と言うようになる。



   具体的場面や実際的課題における対象について、見かけに左右されない論理的思考が可能になってくる。これは、それまでばらばらだった心内活動が1つのまとまった構造によって体制化されるからである。

(4) 形式的操作(11~15歳)(formal-operational period)

   形式的操作(formal operation)つまり具体物や実際的場面を離れ、命題のみで推論する論理的思考が可能となる。

 私が出産と育児を通して我が子から学んだ一番大きな事は、我が子が生まれたときにわからなかった事柄をどうやって学んでいくのかを実際に私の目で見届けて、今の自分の人生に記憶が欠けている幼年期をいかに過ごして大人になったかを知ってはじめて自分の人生が完了するのだという事です。  
保育園ならオールウェイズ
大阪 24時間保育園 オールウェイズ
大阪 心斎橋 梅田 布施 四ツ橋
英語の保育園
スポンサーサイト

コメント

【イノシトールダイエット】

イノシトールはビタミンB群の仲間です http://garo.thriftystmartin.com/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hoikuenjixyoho.blog75.fc2.com/tb.php/26-60b29545

完全マニュアルパワーアップ版

この「完全マニュアル」を全て読まれたら即実践してください。毎週2回報酬が貴方の口座に入ります。携帯で、誰でも簡単に、即金を稼ぐための情報です。育児をしながら出来る在宅ワークです・

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。