プロフィール

hoikuen

Author:hoikuen
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳幼児期の健康診断の目的と内容

乳児期は生涯を通じて、発育の最もすみやかな時期であり、環境の変化および刺激に対する反応は充分でない。健全な発育、発達をもたらすために、養護、栄養に重点をおくほか、疾病または以上の早期発見と予防に留意する。

発育栄養状態。身体計測を行い、筋骨の発達、皮膚の緊満、皮下脂肪の発達、血色を診査する。
精神、運動機能の発達。育児環境の影響が大きいことを重視し、発育栄養状態の観察と同じく、一回の検査成績をいわゆる標準の発達と比較するにとどまらず、継時的に十町な発達をとげているか否か、いい源がよく活気に飛んでいるか否かに注意する。

疾病または異常。
発育不良  栄養の不足または過剰による身体症状 貧血 急性感染症 皮膚疾患 慢性疾患ことに結核 梅毒 トラコーマ等
先天性奇形 先天性代謝異常 中枢神経異常 聴力および視力障害 う歯

新生児期の延長として、乳児期の保健は重要である。この時期の特徴の第一は発育、発達の目覚しさである。視覚、聴覚が発達し、運動にも力が加わり、行動範囲が広くなる。生活環境は拡大され、それだけに、疾病、事故の危険も増大する。
健康診断の目的は、「乳幼児の健康診査および保健指導要領」によると、
乳幼児の保護者に対し、乳幼児の新生児期より就学時に至るまで、一貫した保健指導を行い、健全な学童、青少年育成のための基礎をつくることを重点とし、必要に応じて公衆衛生、環境衛生、学校保健、福祉等の諸施策と提携して業務を推進すること。
児童尊重の理念を高め、かつすべての乳幼児の保護者が児の健康を保持、増進する意欲をもつにいたるよう企画すること。

指導内容は小児の健康の保持、増進、身体的および精神的発育ならびに社会適応に関する指導を重点とし、個々の乳幼児の特性を考慮した具体的なものであり、家庭および地域社会の諸条件に則したものであること。とある。

疾病または異常の早期発見につとめ、異常を認めた時は医師に受診するようすすめ、適切な指導を行い、療育の指導、養育医療、育成医療、療育の給付、施設入所等遺憾なき処置を講ずること。

発育栄養状態:身体計測(体重、身長、頭囲、胸囲等)を行い、筋骨の発達、皮膚の緊満、皮下脂肪の発達、血色を診査する。
身体計測においては、1回の測定値をいわゆる標準値と比較するにとどまらず、継時的に順調な発育をとげているか否かに注意すること。

精神、運動機能の発達:育児環境の影響が大きいことを重視し、発育栄養状態の観察と同じく、一回の検査成績をいわゆる標準の発達と比較するにとどまらず、継時的に順調な発達をとげているか否か、機嫌がよく活気に富んでいるか否かに注意すること。

疾病または異常:一般身体所見のほか、特に次の疾病または異常に注意すること
① 発育不良 ②栄養の不足または過剰による身体症状 ③貧血 ④急性感染症 ⑤皮膚疾患 ⑥慢性疾患ことに結核、梅毒、トラコーマ等 ⑦先天性奇形 ⑧先天性代謝異常 ⑨中枢神経異常 ⑩ 聴力および視力障害 ⑪う歯

4ヵ月児健診 (G2a1) 身長・体重測定、小児科医の診察、栄養士の離乳食相談、育児相談を行います。
● 1歳6ヵ月児健診 (G2a2)
身長・体重測定、歯科医の診察、小児科医の診察、育児相談を行います。
● 3歳7ヵ月児健診 (G2a3)
身長・体重測定、尿検査、歯科医の診察、小児科医の診察、耳鼻科医の診察、育児相談を行います。
2 乳幼児健康診査の目的
① 疾病・異常の早期発見、早期対応
② 育児支援・健康増進
③ 成長発達の評価
④ こどもをありのまま観察して必要な支援をします。
⑤ 親が健診にきて良かったと思えるように。

乳幼児期によくかかる感染症を3つ以上あげ、その症状と予防と対処法について述べよ。
⑤ 麻疹(はしか)
麻疹は伝染病の中で発病率のもっとも高い疾患である。幼児の麻疹による死亡数は少なくないから注意しなければならない。
現在、麻疹ウィルスによるワクチン療法が開発されているが、このような能動免疫はまだ一般化の段階に至ってない。一般に行われる受動免疫は回復期患者の血清を注射すると発病を防止するか、罹患(りかん)しても軽症にすむのでこの免疫体を含む人免疫血清グロブリンの注射を行えば1ケ月位は有効である。
感染は麻疹ウイルスの飛沫(ひまつ)感染によって、患児から伝播(でんぱ)していく。伝染力は発病から、発疹の出るまで3~4日間が最も強い。潜伏期は9~11日で、他の疾患や血清注射などで延長することがある。
発病は急に発熱ではじまり、鼻カタル(粘膜の炎症)くしゃみ、咳、結膜充血涙、眼脂、時には下痢の症状を呈する(ある状態をあらわす)
発病2~3日に口膣粘膜に小さな白斑をみる、これをコプリック班といい、90~95%に出現するから、診断に重要な所見となる。
発疹は額、耳の後部から少しずつ出現して、顔面、顎部、  幹、四肢、の順に拡がって、2日間くらいで出つくす。発疹は始め粟粒大で融合する。

⑥ 風疹(三日はしか)
病原体はウィルスで、潜伏期間は2~3週間である。流行期は麻疹と同様春に多く、よく軽い麻疹と間違って考えられ、麻疹を2回罹患したように思われている。3~12歳に罹り、2回罹ることはまずない。前駆期はあまり症状はないが、微熱等のあるものもある。軽い発熱と同時に淡紅色の発疹が耳の後部、額、鼻、頬部に現れ顔に拡がり頸、 幹、四肢にでるが、大体1~2日で消失し、後は何も残らず、カタル症状も、コプリック班もない。
⑦ 突発性発疹症
ウィルスによるもので4歳以下の幼児、特に12カ月頃が最も罹患しやすい。突然39~40度Cの高熱が3日間位続き、すみやかに解熱する。解熱と同時にまたら数時間から1日位して全身パラパラと麻疹のような発疹があらわれる。
発疹は麻疹より小さく散在し、2~3日で消失し、色素沈着、落屑(らくせつ)は残らない。
⑧ 水ぼうそう
2~10歳の幼児、学童に好発するウィルス疾患で、潜伏期は14~17日である。麻疹と同様感染力の強い疾患で、接触および飛沫感染で最強感染期は発疹初期である。前駆期は短いか殆どなく、多くは軽度の発熱と共に全身に散在性に特に 幹に多く末端に少ない小紅色発疹があらわれる。この発疹はやがで丘疹、水疱形成、かさぶた形成を経て瘢痕を残さないで治癒する。


乳幼児期の発達の特性と影響する因子について述べよ
小児はそれぞれ個体差をもちながら、発育という動きの上を歩いているのであるから、生理的、病理的現象も、また健康な状態と病的な状態との境界も、はっきりしない場合が多く、形態の発育と機能の発達の不一致、体内の各機能の不均衝、体質傾向のちがいなど著しく、病気の診断、予後の判定なども複雑である。ことに内分泌に関するもの、先天性異常に関するもの、体質の問題、免疫、伝染病に対する反応など成人と大きい違いをもち、特に栄養の問題は小児の保健にとって極めて重要な部位を占めてくる。

生理的現象にもとづいた感覚、運動から、次第に知覚、運動の総合、知情意、人格の形成など、複雑な精神作用へと発達していく小児は、当然、成人と違った取り扱いの必要が生じてくる。小児は成人とは医学的にも、社会的にも異なっており、聖人と全く違った年齢的差異という因子を特に考慮しなければならない。
身体発達は遺伝的素質と環境によって影響するものであることは周知の事実である。身体発達において遺伝と環境のどちらが重要な要因であるかは、身体の各部によっても違うし、未だ充分明らかでない。

身体の発達が遺伝によって規定されていることはいうまでもない。しかし遺伝のみならず、内分泌、栄養、運動、睡眠、季節、地域などの自然環境、さらに社会的、文化的環境などの影響を受けるものである。
保育園ならオールウェイズ
大阪 24時間保育園 オールウェイズ
大阪 心斎橋 梅田 布施 四ツ橋
英語の保育園
スポンサーサイト

乳幼児期の身体の発育、全身運動の発達、社会性の発達

出生したばかりの日本人の新生児の身長は50cm(男児50.2 女児 49.7)前後である。
出生後1年間の成長度が特に大きく、1年で出生時の約半分、24~25cm増加して75~76cm
となる。その後3年までは毎年7~10cmまたその後は6cm程度の伸長が認められる。4.5年~5年で出生時の約2倍に14~15年で約3倍になる。

体重
出生時の体重は約3kg(男児3.2kg 女児 3.1kg)である。出生時体重はかなり個人差があり、性別、人種、遺伝、母体の年齢、出生順位、母体の健康度、栄養などが影響する。
一年後に出生時体重の約3倍となり急速に発達する。5年で5倍強、7年で7倍、12年で12倍になる。

生後月年齢 出生時 4ヶ月 1年 3年 5年 7年 9年 11年 13年 成人
出生時体重の倍数 1 2 3 4 5 7 9 11 14 20
体重 3 6 9 12 15 21 27 33 42 60

胸囲
出生時の胸囲は男子32.8cm女子32.6cmである。2年半で約50cm5年で男児54.9cm女児53.5cmとなる。新生児では胸囲は身長の1/2に7cmを加えた値であり、6~8年では身長の1/2が胸囲と等しくなる。
出生時には頭囲は胸囲より大きいが、1年頃には両者がほぼ等しくなる。2年以降は胸囲は頭囲よりも大きい。

座高
新生児の座高は約33cm(男児33.1cm 女児32.7cm)で5年で出生時の約1.5倍に、8年で約2倍となる。

運動機能の発達

出生後は、殆ど反射的な運動に限られているが、3ヶ月頃から神経系の発育に伴い、次第に共同的な動作による合目的な運動がみられるようになる。
3、4ケ月で首がすわり 腹ばいで頭を上げるようになる
6ヶ月 おすわり 寝返り
9ケ月 つかまり立ち 這う
11、12ヶ月で独り立ち
11、12ケ月で独り立ち 
15ヶ月で一人歩き
2年 走る ひき脚で階段を昇る
3年 片脚立ち 手すりにつかまり歩行動作で階段を昇る
4年 片足とび 手放しで階段を昇る
5年 爪先立ち スキップ
6年 片脚立ち なわとび
7年 一直線上を歩く 石蹴り

社会性の発達
生後3から4週間で人の声と他の物音を区別して反応し、生後2ヶ月であやす人の声によって笑う反応を示す。
5~7ヶ月頃から、他人の表情を理解し、人見知りをする。8~10ヶ月頃から他人の衣服や髪の毛などをひっぱったり、動作や言葉をまねたりして他の人との接触を求め始める。
1歳頃から第一反抗期がはじまる。4歳を過ぎると社会性も発達してくるので、成人の要求を受け入れるようになり、余り反抗しなくなり、友人ともよく遊び集団行動もよくできるようになる。
保育園ならオールウェイズ
大阪 24時間保育園 オールウェイズ
大阪 心斎橋 梅田 布施 四ツ橋
英語の保育園

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。