プロフィール

hoikuen

Author:hoikuen
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育所保育指針 

 養護(保護)と教育が一体となって、豊かな人間性を持った子供を育成するところに保育所における保育の特性がある。



保育所保育指針における保育内容

一 保育領域 



6か月未満児    子供の欲求を感じ取り 子供との間に情緒的な絆が形成されることをねらい



1歳3か月未満児  保健的で安全な環境の中で、個人差に留意しながら、離乳の完成と歩行

          の開始および言葉の発生を助けることがねらい



保育園とは

託児所とは
スポンサーサイト

保育所保育の目的と目標

児童福祉法(第39条)

保育所は 日々保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳児(満一歳に満たない)または幼児を保育する事が目的

保育に欠けるとは・・法第24条

 一 昼間労働することを常態としている。

 二 妊娠中 又は出産後間がない

 三 疾病負傷 精神的 身体に障害を有する

 四 同居の親族を常時介護

 五 震災 風水害 火災 その他の災害の復旧にあたっている

 六 前各号に類する状態



児童福祉法(第4条)

 乳児とは・・満一歳に満たない者

 幼児とは・・満一歳から小学校就学の始期に達するまでの者

 その他の児童・・学童(法による保育の対象は学童にまで及ぶ)現状では児童厚生施設(児童館等)において学童保育



保育園とは

託児所とは

幼稚園教育の目的と目標

幼児を保育し、適当な環境をあたえ、その心身の発達を助成することを目的とする。

①健康保育(健康 安全を中心とする習慣形式の問題)

②人間関係(集団生活参加による社会性および自主性伸長の問題)

③環境保育(自然や社会事象に対する理解と態度の問題

④言葉保育(正しい言葉の保育を中心とする幼児文化の問題)

⑤表現保育(音楽 リズム 絵画 制作その他の芸術教育による創作表現活動

保育園とは

託児所とは

幼児教育の目的と目標

人間の内面に秘められた個性 や素質を、理想態としてのあるべき相(すがた)まで伸長し育成していくところの、外からの働きかけと捉える

教育は人格の完成をめざし、平和的な国家および社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたっとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成をきしておこなわれなければならない。

{人格の形成}とは、たくましい健康と、ゆたかな感情と、かしこい知性と円満な社会性を含めた、調和と統一のある「全人格の統合的形成}をめざす 全人教育

保育園とは

託児所とは

保育所の特質と役割

施設とは・・児童福祉施設としての乳児院 保育所  のように乳児や幼児を対象として、保育や福祉をその機能とする施設

肉親同様の細やかな 愛情や配慮を期待する事は無理  ホスピタリズム(施設病)

社会性の基礎的形成の場が提供される

乳幼児期における保護・教育をあらわす言葉が保育

保育所の特性 が養護(保護 保健衛生 健康増進  主として生存を維持 身体的発達を育成)と教育が一体となって、豊かな人間性をもった子どもを育成する

保育は用語機能ち教育的機能

{子どもが自発的 意欲的にかかわるような環境の構成 子どもの主体的な活動を大切」にすることが中心

(結論)

保育とは 乳幼児の生命を守り、心身の健康の保持増進と、人格の健全な成長発達という人間形成のすべてを捉えた、総合的な働きを意味すると理解すべき
保育園とは

託児所とは


家庭の特質と役割 

両親の手厚い保護に全面的に依存して安住し、生育をつずけていく事が出来るもの 親子関係に一点一画でも欠けているところがあると、心理的不安から人格の基礎的形成の上に深刻かつ永続的な不備欠陥をもたらす。 全人格的な基礎的育成

母が母でなくなると子は子でなくなる 母親の教育的責任

幼児の生命を保全し、健康を管理し、栄養の保持 危険や災害から防禦する機能 

両親の愛情と保護のもとに、 自然にして正当な家庭教育の機会が与えられるべき

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。