プロフィール

hoikuen

Author:hoikuen
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳幼児期の健康診断の目的と内容

乳児期は生涯を通じて、発育の最もすみやかな時期であり、環境の変化および刺激に対する反応は充分でない。健全な発育、発達をもたらすために、養護、栄養に重点をおくほか、疾病または以上の早期発見と予防に留意する。

発育栄養状態。身体計測を行い、筋骨の発達、皮膚の緊満、皮下脂肪の発達、血色を診査する。
精神、運動機能の発達。育児環境の影響が大きいことを重視し、発育栄養状態の観察と同じく、一回の検査成績をいわゆる標準の発達と比較するにとどまらず、継時的に十町な発達をとげているか否か、いい源がよく活気に飛んでいるか否かに注意する。

疾病または異常。
発育不良  栄養の不足または過剰による身体症状 貧血 急性感染症 皮膚疾患 慢性疾患ことに結核 梅毒 トラコーマ等
先天性奇形 先天性代謝異常 中枢神経異常 聴力および視力障害 う歯

新生児期の延長として、乳児期の保健は重要である。この時期の特徴の第一は発育、発達の目覚しさである。視覚、聴覚が発達し、運動にも力が加わり、行動範囲が広くなる。生活環境は拡大され、それだけに、疾病、事故の危険も増大する。
健康診断の目的は、「乳幼児の健康診査および保健指導要領」によると、
乳幼児の保護者に対し、乳幼児の新生児期より就学時に至るまで、一貫した保健指導を行い、健全な学童、青少年育成のための基礎をつくることを重点とし、必要に応じて公衆衛生、環境衛生、学校保健、福祉等の諸施策と提携して業務を推進すること。
児童尊重の理念を高め、かつすべての乳幼児の保護者が児の健康を保持、増進する意欲をもつにいたるよう企画すること。

指導内容は小児の健康の保持、増進、身体的および精神的発育ならびに社会適応に関する指導を重点とし、個々の乳幼児の特性を考慮した具体的なものであり、家庭および地域社会の諸条件に則したものであること。とある。

疾病または異常の早期発見につとめ、異常を認めた時は医師に受診するようすすめ、適切な指導を行い、療育の指導、養育医療、育成医療、療育の給付、施設入所等遺憾なき処置を講ずること。

発育栄養状態:身体計測(体重、身長、頭囲、胸囲等)を行い、筋骨の発達、皮膚の緊満、皮下脂肪の発達、血色を診査する。
身体計測においては、1回の測定値をいわゆる標準値と比較するにとどまらず、継時的に順調な発育をとげているか否かに注意すること。

精神、運動機能の発達:育児環境の影響が大きいことを重視し、発育栄養状態の観察と同じく、一回の検査成績をいわゆる標準の発達と比較するにとどまらず、継時的に順調な発達をとげているか否か、機嫌がよく活気に富んでいるか否かに注意すること。

疾病または異常:一般身体所見のほか、特に次の疾病または異常に注意すること
① 発育不良 ②栄養の不足または過剰による身体症状 ③貧血 ④急性感染症 ⑤皮膚疾患 ⑥慢性疾患ことに結核、梅毒、トラコーマ等 ⑦先天性奇形 ⑧先天性代謝異常 ⑨中枢神経異常 ⑩ 聴力および視力障害 ⑪う歯

4ヵ月児健診 (G2a1) 身長・体重測定、小児科医の診察、栄養士の離乳食相談、育児相談を行います。
● 1歳6ヵ月児健診 (G2a2)
身長・体重測定、歯科医の診察、小児科医の診察、育児相談を行います。
● 3歳7ヵ月児健診 (G2a3)
身長・体重測定、尿検査、歯科医の診察、小児科医の診察、耳鼻科医の診察、育児相談を行います。
2 乳幼児健康診査の目的
① 疾病・異常の早期発見、早期対応
② 育児支援・健康増進
③ 成長発達の評価
④ こどもをありのまま観察して必要な支援をします。
⑤ 親が健診にきて良かったと思えるように。

乳幼児期によくかかる感染症を3つ以上あげ、その症状と予防と対処法について述べよ。
⑤ 麻疹(はしか)
麻疹は伝染病の中で発病率のもっとも高い疾患である。幼児の麻疹による死亡数は少なくないから注意しなければならない。
現在、麻疹ウィルスによるワクチン療法が開発されているが、このような能動免疫はまだ一般化の段階に至ってない。一般に行われる受動免疫は回復期患者の血清を注射すると発病を防止するか、罹患(りかん)しても軽症にすむのでこの免疫体を含む人免疫血清グロブリンの注射を行えば1ケ月位は有効である。
感染は麻疹ウイルスの飛沫(ひまつ)感染によって、患児から伝播(でんぱ)していく。伝染力は発病から、発疹の出るまで3~4日間が最も強い。潜伏期は9~11日で、他の疾患や血清注射などで延長することがある。
発病は急に発熱ではじまり、鼻カタル(粘膜の炎症)くしゃみ、咳、結膜充血涙、眼脂、時には下痢の症状を呈する(ある状態をあらわす)
発病2~3日に口膣粘膜に小さな白斑をみる、これをコプリック班といい、90~95%に出現するから、診断に重要な所見となる。
発疹は額、耳の後部から少しずつ出現して、顔面、顎部、  幹、四肢、の順に拡がって、2日間くらいで出つくす。発疹は始め粟粒大で融合する。

⑥ 風疹(三日はしか)
病原体はウィルスで、潜伏期間は2~3週間である。流行期は麻疹と同様春に多く、よく軽い麻疹と間違って考えられ、麻疹を2回罹患したように思われている。3~12歳に罹り、2回罹ることはまずない。前駆期はあまり症状はないが、微熱等のあるものもある。軽い発熱と同時に淡紅色の発疹が耳の後部、額、鼻、頬部に現れ顔に拡がり頸、 幹、四肢にでるが、大体1~2日で消失し、後は何も残らず、カタル症状も、コプリック班もない。
⑦ 突発性発疹症
ウィルスによるもので4歳以下の幼児、特に12カ月頃が最も罹患しやすい。突然39~40度Cの高熱が3日間位続き、すみやかに解熱する。解熱と同時にまたら数時間から1日位して全身パラパラと麻疹のような発疹があらわれる。
発疹は麻疹より小さく散在し、2~3日で消失し、色素沈着、落屑(らくせつ)は残らない。
⑧ 水ぼうそう
2~10歳の幼児、学童に好発するウィルス疾患で、潜伏期は14~17日である。麻疹と同様感染力の強い疾患で、接触および飛沫感染で最強感染期は発疹初期である。前駆期は短いか殆どなく、多くは軽度の発熱と共に全身に散在性に特に 幹に多く末端に少ない小紅色発疹があらわれる。この発疹はやがで丘疹、水疱形成、かさぶた形成を経て瘢痕を残さないで治癒する。


乳幼児期の発達の特性と影響する因子について述べよ
小児はそれぞれ個体差をもちながら、発育という動きの上を歩いているのであるから、生理的、病理的現象も、また健康な状態と病的な状態との境界も、はっきりしない場合が多く、形態の発育と機能の発達の不一致、体内の各機能の不均衝、体質傾向のちがいなど著しく、病気の診断、予後の判定なども複雑である。ことに内分泌に関するもの、先天性異常に関するもの、体質の問題、免疫、伝染病に対する反応など成人と大きい違いをもち、特に栄養の問題は小児の保健にとって極めて重要な部位を占めてくる。

生理的現象にもとづいた感覚、運動から、次第に知覚、運動の総合、知情意、人格の形成など、複雑な精神作用へと発達していく小児は、当然、成人と違った取り扱いの必要が生じてくる。小児は成人とは医学的にも、社会的にも異なっており、聖人と全く違った年齢的差異という因子を特に考慮しなければならない。
身体発達は遺伝的素質と環境によって影響するものであることは周知の事実である。身体発達において遺伝と環境のどちらが重要な要因であるかは、身体の各部によっても違うし、未だ充分明らかでない。

身体の発達が遺伝によって規定されていることはいうまでもない。しかし遺伝のみならず、内分泌、栄養、運動、睡眠、季節、地域などの自然環境、さらに社会的、文化的環境などの影響を受けるものである。
保育園ならオールウェイズ
大阪 24時間保育園 オールウェイズ
大阪 心斎橋 梅田 布施 四ツ橋
英語の保育園
スポンサーサイト

乳幼児期の身体の発育、全身運動の発達、社会性の発達

出生したばかりの日本人の新生児の身長は50cm(男児50.2 女児 49.7)前後である。
出生後1年間の成長度が特に大きく、1年で出生時の約半分、24~25cm増加して75~76cm
となる。その後3年までは毎年7~10cmまたその後は6cm程度の伸長が認められる。4.5年~5年で出生時の約2倍に14~15年で約3倍になる。

体重
出生時の体重は約3kg(男児3.2kg 女児 3.1kg)である。出生時体重はかなり個人差があり、性別、人種、遺伝、母体の年齢、出生順位、母体の健康度、栄養などが影響する。
一年後に出生時体重の約3倍となり急速に発達する。5年で5倍強、7年で7倍、12年で12倍になる。

生後月年齢 出生時 4ヶ月 1年 3年 5年 7年 9年 11年 13年 成人
出生時体重の倍数 1 2 3 4 5 7 9 11 14 20
体重 3 6 9 12 15 21 27 33 42 60

胸囲
出生時の胸囲は男子32.8cm女子32.6cmである。2年半で約50cm5年で男児54.9cm女児53.5cmとなる。新生児では胸囲は身長の1/2に7cmを加えた値であり、6~8年では身長の1/2が胸囲と等しくなる。
出生時には頭囲は胸囲より大きいが、1年頃には両者がほぼ等しくなる。2年以降は胸囲は頭囲よりも大きい。

座高
新生児の座高は約33cm(男児33.1cm 女児32.7cm)で5年で出生時の約1.5倍に、8年で約2倍となる。

運動機能の発達

出生後は、殆ど反射的な運動に限られているが、3ヶ月頃から神経系の発育に伴い、次第に共同的な動作による合目的な運動がみられるようになる。
3、4ケ月で首がすわり 腹ばいで頭を上げるようになる
6ヶ月 おすわり 寝返り
9ケ月 つかまり立ち 這う
11、12ヶ月で独り立ち
11、12ケ月で独り立ち 
15ヶ月で一人歩き
2年 走る ひき脚で階段を昇る
3年 片脚立ち 手すりにつかまり歩行動作で階段を昇る
4年 片足とび 手放しで階段を昇る
5年 爪先立ち スキップ
6年 片脚立ち なわとび
7年 一直線上を歩く 石蹴り

社会性の発達
生後3から4週間で人の声と他の物音を区別して反応し、生後2ヶ月であやす人の声によって笑う反応を示す。
5~7ヶ月頃から、他人の表情を理解し、人見知りをする。8~10ヶ月頃から他人の衣服や髪の毛などをひっぱったり、動作や言葉をまねたりして他の人との接触を求め始める。
1歳頃から第一反抗期がはじまる。4歳を過ぎると社会性も発達してくるので、成人の要求を受け入れるようになり、余り反抗しなくなり、友人ともよく遊び集団行動もよくできるようになる。
保育園ならオールウェイズ
大阪 24時間保育園 オールウェイズ
大阪 心斎橋 梅田 布施 四ツ橋
英語の保育園

乳児保育

乳児保育の毎日は、一見ミルクを飲ませたり、おむつを取り替えたり、遊び相手をする。の繰り返しである。しかし、実際には個々の子供に対して保育士は異なった関わり方をしている。一人ひとりの子供の姿と、それに対応した狙いを明らかにするものが保育計画である。すべての子供が入所している間、適切な用語と教育を受け、安定した生活を送り、充実した活動が出来るように柔軟で発展的なものとし、又、一貫性のあるものとなるように配慮することが重要である」入念に計画を立てれば、計画通りに保育を展開したくなったり、おしつけになる事に気づき葛藤する事も少なくない。何の為に立てるかについて十分理解する事が大切です。

指導計画および保育士自身についての評価のポイントを要約すると、
⑨ クラスの子供、個々の子供の姿をふまえた養護・教育についてのねらいや内容は適切であったか。
⑩ 子供の興味を揺さぶり、何かを生み出すという環境作りは、対称となる年齢に適切であったか。
⑪ 保育士が予想した子供の活動はどのようであったか。
⑫ 具体的な援助の内容や仕方は適切であったか
⑬ 子供の言葉(表現)の理解と、それに対する対応の仕方は適切であったか。
⑭ 保育士間のチームワークは適切であったか
⑮ 親の理解や協力、子供を理解するための親との連携は適切であったか。
⑯ これらについて自己評価をすると共に、他の保育士等からの意見に耳を傾け素直で謙虚な心と自分自身に厳しい態度で反省・評価をし、保育の改善へとつなげることが望まれる。
尚、3歳未満児保育には教育面より養護面が重視されることをふまえて、評価のポイントを具体的にするとともに、個人間差、個人内差を把握し、個々に応じた適切な評価が望まれる。
保育の計画については、保育指針にあるように「すべての子供が入所している間、適切な養護と教育を受け、安定した生活を送り、充実した活動ができるように柔軟で発展的なものとし、又、一貫性のあるものとなるように配慮することが重要である」
上手な乳児保育

保育士の資質とは

「世話をする」ということはただ単に乳を飲ませたり、おむつを替えたりということにとどまらない。乳児の保育は幼児の保育と比べ、その人となりがそのまま子供の育ちの上に表れてくることを、まず大切に考えなければならない。
保育士に求められる条件・資質

① 骨身を惜しまず子供の世話が出来る。
② 子供の立場に立って子供の気持ちをわかることが出来る。
③ 個人差に応じた関わりが出来る
④ 愛情深い関わり(応答的にかかわる)ができる。
⑤ 子供を大切に思うことが出来る
⑥ こまやかな気配りが出来る
⑦ 子供と関わる事に喜びを感じる
⑧ 子供を心からかわいがることが出来る
⑨ 笑顔で子供に接する事が出来る
⑩ 自分の仕事に自身と誇りをもつことが出来る
⑪ 保育者自身が自分を大切に思うことが出来る
これら全てが揃う事が必要である。

又、子供の発達過程を知るとともに子供は日々成長しているということを十分に認識することも大切である。
一人として同じ子供はいないので、個人差を意識して子供の姿を見ていくこと、一人ひとりを見極める力を養うことは、保育士としては大切なことである。
親の愛情に満ちた環境のなかで育てられるとにより知的、情緒的発達を遂げ、生活に必要なことや生きていく上で必要なことを獲得していく。そこに家庭保育の重要性がある。従って、保育士は親と連携を密にし親の協力の下で保育にたずさわることが重要となる。

保育者はいくらがんばっても親にはなれません。保育士はあくまでもサポート、しかしプロ。保育者は保護者と子どもを同時に見ることが出来ます。子どもの問題はその子を取り巻く環境にあると思います。保護者の問題も含めて、それらを子どもの立場に立って解決していくお手伝いをすることが保育者としての大事な役目だと考えています。親にも出来ない役割を担うこの仕事を誇りに思います。

乳児保育の内容としては、「遊び」が中心となる。子供が主体的に関わって活動し、興味や好奇心を満足させるものを「遊び」と考える。子供は遊びにより、運動機能をはじめとして心身の諸機能を発達させ、人と人との関係を学んでいくことが出来る。
運動発達の視点から考えると、まず「運動発達」が挙げられる。乳児は抱かれたり腹ばいにされたりするのを喜び、体位の変化を楽しむ。

次に「言語活動」が挙げられる。喃語にもやさしくこたえてあげるのが、楽しい交流のひとときとなる。

そして「模倣」
「ごっこ遊び」から子供が学ぶものは大きいので、ごっこ遊びが沢山出来るように計画をする。
「歌とリズム」
「玩具」2~3ヶ月の乳児は、きれいな色彩のものや快い音の出る玩具で、みたり聞いたりして楽しむ。運動機能に関係あるものでは、ボール、風船、乗り物、押し車などが必要である。
指導計画および保育士自身についての評価のポイントを要約すると、
① クラスの子供、個々の子供の姿をふまえた養護・教育についてのねらいや内容は適切であったか。
② 子供の興味を揺さぶり、何かを生み出すという環境作りは、対称となる年齢に適切であったか。
③ 保育士が予想した子供の活動はどのようであったか。
④ 具体的な援助の内容や仕方は適切であったか
⑤ 子供の言葉(表現)の理解と、それに対する対応の仕方は適切であったか。
⑥ 保育士間のチームワークは適切であったか
⑦ 親の理解や協力、子供を理解するための親との連携は適切であったか。
⑧ これらについて自己評価をすると共に、他の保育士等からの意見に耳を傾け素直で謙虚な心と自分自身に厳しい態度で反省・評価をし、保育の改善へとつなげることが望まれる。
尚、3歳未満児保育には教育面より養護面が重視されることをふまえて、評価のポイントを具体的にするとともに、個人間差、個人内差を把握し、個々に応じた適切な評価が望まれる。
保育の計画については、保育指針にあるように「すべての子供が入所している間、適切な養護と教育を受け、安定した生活を送り、充実した活動ができるように柔軟で発展的なものとし、又、一貫性のあるものとなるように配慮することが重要である」

しつけとは何か

社会の一員として生活する上で、必要な習慣や態度を子供が身につけることである。
一貫した方法で同じ人が繰り返して行う。身につきにくい時は方法をさらに具体化する。

他児との比較や習慣ずけに対するあせりよりも、個々に応じた細やかな対応と配慮をする。

子供がそれまででできていたことを嫌がったり、意欲を失っているときには、甘えを十分受け止める

複数の大人が関わるときには、子供の混乱を少なくするような十分な話し合いをする。

食事面では、こぼしたりひっくり返すこともあるが、これは大切な失敗の経験である。食事の必要性がわかる年齢ではないので、噛む真似をして見せたり、遊びを受け入れたりしながら一人ひとりに応じた食事のあり方に留意する。食後には口のまわりや手などをきれいに拭き、「ごちそうさま」の挨拶をすることで食事の終わりを告げるようにする。

睡眠
昼間の睡眠は毎日の生活リズムの柱の一つであり、健康生活には大切なものである。「睡眠のくせ」について保護者から聞いておくことも大切である。

排泄
排泄の自立は2歳半から3歳頃である。おむつを早く外すことで習慣ずけができたと考えやすいが、身体内諸器官の発達と意欲、自然の諸条件がそろったときにはじめておむつが外れるのである。
おむつの交換時におまるに座らせて「シーシー」と声かけをすることも大切であるが、習慣ずけの初期は、その子の誕生から清潔なおむつであったかどうかに関係する。

衣服の着脱
一歳を過ぎた頃から「自分で」という気持ちが表れてくる。「おててはどこ?」「イナイイナイバア」などという超えかけをすると機嫌よく応じる時とそうでない時がある。やる気はあるが、その時のさまざまな条件や着脱の必要性、方法などが把握できないことを理解し、自分でできたという気持ちになるような援助の仕方を工夫する。

清潔
きれい・汚いがわからないことは子供の特性であり、その感覚が育つのは大人の関わりによる。誕生以来の生活のなかで気持ちがよいという間隔をどのようにかんじているかが生活習慣のはじめと考えられる。誕生以来の生活の中で気持ちがよいという感覚をどのように感じているかが清潔習慣のはじめと考えられる。親や保育士は自分自身の衣服、手指の清潔さや生理整頓なども子供の清潔習慣に影響することを自覚しなければならない。

遊びの特徴
① 全身の動きを使う遊び、
② 手指を使った遊び
   自然の素材(砂、土、泥、水)は、子供は好む。素材の感触を十分楽しむようにする。1歳児に適したスコップやバケツなどがあると遊びは一層広がる。

紙、小麦粘土、クレヨン、積み木、ブロックなどで、破る、ちぎる、たたく、握る、丸める、積む、崩す、なぐり描きをするなどは、手指を使った遊びとして十分楽しむものである。
このようなことを繰り返すことによって、ものの名称、性質、量、硬さ、重さ、大きさなどを理解していくベースとなる。

保育士が布、手袋、牛乳パック、空き缶などでつくった手ずくりおもちゃは保育者の愛情やぬくもりが伝わるものとしてぜひ与えたいものである。

模倣遊び
「○○を△△に見立てる」という「見立て遊び」や「人や動物などの真似をする」という「つもり遊び(ふりあそび)」などの遊びがある。
見立てを引き出すおもちゃの準備や保育士の表現力が求められる。

なんでも欲しくなると相手の事は考えず、たたく、引っ張る、かみつくなどして、がむしゃらに自分のものにしようとする。自己主張の現われの一つであるが、機会をとらえて「貸してね」「ありがとう」など、その場で具体的に保育士がことばを添えて知らせるようにする。自己主張を認めがならも許容できない場合は、「ダメ」といって注意をしたり、保育士の機転でほかのことに気持ちが転換できるようにするが、根底にあるものは保育士のあたたかい気持ちである。このような保育士の適切な援助は、こどもが自分自身の感情を自らコントロールしていく自己統制のめばえを培っている。
「原始反射」には次のような種類があります。
ルーティング反射(探索反射)
新生児のほおに触れるとそちらに口を向け頭を刺激の方向に向ける
吸綴(きゅうてつ)反射
新生児の唇に触れると乳を吸う動作をする
足引っ込め反射(踏み直り反射)
足の裏を刺激すると下肢を屈曲させて足をひっこめる
歩行反射
新生児の腋下をおさえて起立させ、 足を床につけ前傾させると歩行するような 動作をする
把握反射(ダーウィン反射)
指を握らせると握り締める
非対称性緊張性頸反射
顔の向いてる側の上下肢が伸展して、反対側の上下肢が屈曲する
モロー反射
大きな音などびっくりすると上肢を伸展させて手を開大する。次にゆっくりかかえこむようにする
バビンスキー反射
足裏をこすると、足指が扇のように開く
匍匐(ほふく)反射
腹這にすると這い這いするように動かす
飛び込み反射
腹を支えて急に飛び込みのような姿勢をすると頭の先に手を差し伸べる

乳児保育の内容

乳児保育の内容と方法、又、保育士はどのような資質が必要だろうか。
哺乳瓶でミルクを飲ませ、おむつを取り替えてから遊び相手をする。乳児保育は一見同じことの繰り返しに見えるが、実際には個々の子供に対して保育士は異なった関わりをしなければならない。その過程を明らかにするものが、保育の計画であり、全体的な子供の発育・発達を見通した全体的・基本的計画である「保育計画」と具体的に保育実践の手順を表した「指導計画」が必要である。「保育計画」には養護と教育のねらい、年齢別の狙いを盛り込み構成をする必要がある。
乳児期はめざましい発育を示す時期である。栄養の良否は、発育に大きな影響を及ぼす。乳児保育の最も重要な要素の一つである。
まず、母乳栄養に協力をする事。生後4~5ヶ月までは、乳汁のみの栄養である。母乳、人工栄養、混合栄養である。母乳は乳児にとって自然の栄養であり、免疫効果も期待できるので、重要である。母親は搾乳したものを冷凍保存して持参してもらい、授乳時に解凍して用いる。母乳分泌が不足するときには、育児用ミルクを利用する。生後5ヶ月頃より離乳がはじめられるように、家庭と連絡を取り合って準備をする。それに先立ち4ヶ月頃からスープや果汁などをスプーンで与えて練習を始めておく。

排泄物の観察をする事も大切である。おむつ交換時に便の色、固さ、内容物の消化の程度、においなどをよく観察して、体調や離乳食の進め方の良否の判断材料とする。

従って、①毎朝、健康観察をする。健康状態を毎日観察し、連絡ノートや口頭での連絡によって子供の体調を知る。体温測定は必ず行う。
②保育中も変調に注意する
いつもと違う状態に気ずいたら、疾病の初期症状を疑って、保護者と連絡をとり保護者からも情報を得る。

③降所時の保護者への連絡を十分に
一日の健康状態を連絡ノートや口頭で保護者に連絡する。
④定期健診を有効に活かす

⑤疾病の予防を怠らない

3歳以上の子供たちよりも一層清潔な暮らしを特に心がけて、疾病を予防する。


⑥虐待の早期発見と対応
発見したら、家族の態度についての観察と情報を得る努力をする。又、福祉関係者の協力を仰ぎ、子供の保護と家族の養育態度の改善を図る。

乳児の保育にあたる場合は、子供の心身の機能の未熟性を理解し、家庭との連携を密にしながら、保健・安全に十分配慮し、個人差に応じて欲求を満たし、次第に睡眠と覚醒のリズムを整え、健康な生活リズムをつくっていくこと、特定の保育士の愛情深い関わりが、基本的な信頼関係の形成に重要であることを認識して、担当制を取り入れるなど職員の協力体制を工夫して保育する。


保育士は昼間の母親。子供を育てる能力、つまり、子供を愛し、かわいがり、その世話をする能力のある人格を持っていることが必要である。

保育士は、子供の気持ちの理解と受容が大切である。乳児は自分の気持ちをことばで表現できないかわりに表情や泣き声で表すので、保育者はこれらに敏感に反応して、心身の欲求をみたしてやる。これは、乳児との交流の基本である。やさしい語りかけやスキンシップがあれば、子供は安心して保育者を信頼する。

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。